キッチン収納のコツ

調理器具の収納方法

料理をするときには欠かせない物がいくつかありますが、調理器具もその1つだと言えるでしょう。調理器具にはいろいろな種類があるのですが、常に取り出しやすい位置にないと、準備をするのに時間がかかってしまいます。そこで使いやすい調理器具の収納方法を簡単に紹介させていただきます。

調理器具はキッチンにある収納棚に保管することも多いでしょうが、収納棚にも取り出しやすい位置にある場合と、取り出しにくい位置にある場合があります。同じところにある収納棚でも、頻繁に使う調理器具は取り出しやすい手前の位置に保管するのがよいでしょう。あまり使用しない調理器具を奥にしまっておくべきです。

さらには立てて収納する調理器具もあれば、横に寝かして収納する調理器具があるのですが、大半の調理器具は立てて収納した方が取り出しやすくなっています。まずは頻繁に使う物と、あまり使わない物に分けておきましょう。次に立てておいた方が取り出しやすい物と、横に寝かした方がよい物に分けます。

たったこれだけのことで、調理器具が取り出しやすくなるのです。毎回使う物を事前に取り出して、端に置いておくという面倒で危険な行為を行わないで済むでしょう。あらかじめ用意して置いておくと、ぶつかったときに落下してしまうこともあります。これが包丁のような刃物や、まな板のように重みのある物の場合には危険なので注意しましょう。

調味料の収納方法

キッチンで使用する物は、調理器具だけではありません。料理を作る際に必要不可欠なのが調味料でしょう。調味料もキッチンの収納棚に入れておくと便利なのですが、一部冷蔵庫に保管しておいた方がよい物もあります。冷蔵庫に保管しておくべき調味料は、面倒でも事前に取り出すしかありません。

しかし、常温保存をする調味料の場合には、使うときに出して使用することになるので、やはり取り出しやすい場所に保管しておくことが望ましいでしょう。あまり使わない調味料に関しては、収納棚に入れておいてもよいのですが、大きな物や頻繁に使う場合には、キッチンのどこかに据え置きしておくことも多いと思います。

この場合には、コンロの火に注意しましょう。調理中に熱くなるような場所には絶対に置いてはいけません。次に調味料が取りやすい位置に置くことが重要なのですが、大きな物は小さな入れ物に移しておくことも大切です。例えば醤油の場合、ペットボトルに入れたままでは使いにくいでしょう。

この場合には醤油さしに移しておいておくのが便利です。そうすることで量の加減も簡単にできるでしょう。調理器具も調味料も、保管するときには使いやすい場所に入れることと、作業をできるだけ楽にすること、安全面に注意することで、料理が手軽に効率よくできるようになるのです。